Limitless☆BLUE

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

石堂和人選手へ

『お前ら気持ちで戦えよ!』
悲願のJFL昇格を決めた昨年の地域サッカーリーグ決勝大会。
対戦相手のレベルも、プレッシャーの大きさもこれまでの試合とは比較にならない。
浮き足立つ時間帯も増えたが、チームに平常心を取り戻させたのは、いつもの石堂の声だった。
(2009 FC町田ゼルビア イヤーブックより)

『いっちゃんコーチ、好きな動物は何ですか?』
『髪形を真似しているライオンです。』
(2010 FC町田ゼルビア 出陣式より)


これで僕の中のイメージは固まった。

ライオンだ。

気持ちの強さを表したいから、
ライオンハートという言葉が浮かんだ。

でも世間的にはSMAPとか小泉元首相のイメージだろう。

何だかミーハーな感じ・・・。

う~む、困った。

その時、2009 イヤーブックの写真が目に入った。
佇む姿が王様に見えた。

王様・・・キング・・・ライオン・キング。

いやいや、

獅子・・・獅子王だ!!

(完成してから気づいたのだが、いしどう と ししおう で韻を踏んでるしね)

石堂和人という名前には漢字が合う気がした。

字体もしっとりした感じのものを。


こうして『獅子王 石堂和人』のゲーフラが完成した。


でも・・・ちょっと渋すぎるかも・・・。

スクールでは一番人気。いっちゃんコーチじゃなきゃ嫌だと泣きだす子もいるらしい。

王だけでなく、子供たちや石堂会など誰からも愛される一面も伝わるように・・・じゃあ、アレを書いちゃおう!

思い切って ポン ※ ライオン を描いてみた。

はい、相当思い切りましたよ。

だって完成してるものに手を加えるんですから。それも全体のバランスを壊すようなものを・・・。

でもそれが石堂選手であり、いっちゃんコーチであると思うのです。

ご本人と言葉を交わしたのは昨年のアンチでの2回だけです。
でも背番号8のユニを着ているサポーターの数の多さと、声をかける子供の数の多さをを見てれば、強さと優しさを兼ね備えた人なんだなというのはわかります。

その2面を表したくて、そしてピッチで躍動する石堂選手を見たくて作りました。


直接見てもらえたのはホーム最終戦のセレモニー。
気持ちよ伝われ!とばかりにずーっと高く掲げていました。
ちょっとした筋肉痛になったくらいです(笑)

その時は、来年こそ石堂選手が活躍した試合で掲げようと思っていました・・・。

でも・・・・・。

いっちゃん、どうもありがとう。
新天地での活躍を楽しみにしています。


石堂和人、お前の情熱すべて 石堂和人、奴らに見せつけてやれ!!
IMGP1721_convert_20101203001602.jpg





スポンサーサイト
ゼルビア | コメント:2 | トラックバック:0 |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。