Limitless☆BLUE

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

ゴールデンウィーク(山梨編 2)

温泉でリラックスしてから工場見学へ向かいます。

行き先は信玄餅で有名な桔梗屋さん。
中央道の一宮御坂ICから数分のところです。

8時半頃到着するとすでに行列が。
IMGP2310_convert_20110507100749.jpg

ちなみに9時から整理券が配布されます。
急いで車を停めて列に並びました。

そんな我が家は、
IMGP2312_convert_20110507101134.jpg
79・80・81番でした。
聞くところによると、この日はまだ空いていたそうです。
4日の朝6時には100人いたとか・・・。

この整理券は袋詰めに参加するためのもの。
210円で信玄餅を詰め放題なのです。

順番待ちの間、アウトレットショップで買い物をしました。
これも安い。半値以下です。大混雑です。

その後、工場見学(無料)です。

途中でできたての風林火山というお菓子を格安で販売していました。
まだあったかくてとてもおいしかったです。

信玄餅の製造ラインではお姉さんたちが黙々と包装をしていました。
ビニールで包んで、上でキュッと結ぶアレです。

まぁ早い早い。熟練の技ですね。

見学を終えてから信玄餅の包装体験にチャレンジ。
300円で4個入りを作るのでとってもお得。

スタッフのお姉さんが丁寧に教えてくれるので楽しみながら作れます。
IMGP2317_convert_20110507102705.jpg
IMGP2347_convert_20110507103040.jpg

こんな綺麗な紙製の箱に入れて完成です。

ちなみに息子は『食べるのもったいないね』と言ってまだそのままです。

そうこうするうちに袋詰めの順番となりました。
整理券と引き換えにビニール袋をもらいます。
入れ放題ですがちゃんと袋を結わくのがルール。
常連ぽいおばちゃんは詰める前にまず指で袋を伸ばしていました・・・。
IMGP2325_convert_20110507103807.jpg

やったるでー!!という気合とは裏腹に皆さん黙々と詰めています。

IMGP2346_convert_20110507104152.jpg

信玄餅10個 桜餅2個 ゲットしました。

このほかに妻と息子もそれぞれ取ったので・・・ご近所さんにおすそ分けしました。

ところで信玄餅って黒蜜が甘くてちょっと・・・と言う人もいると思います。
そんなかたにおすすめなのが

『吟造り 信玄餅』
包装からきな粉、蜜、餅までこだわりの逸品です。
直営店でのみ販売だそうです。
機会があればぜひ!です。

TVでも取り上げられる人気スポットだけあって満足度高かったです。
帰宅後、息子と話していたら
『包装体験のお姉さんきれいな顔だったね』
といきなり言いました。

僕は撮影係でよく見てなかったのが唯一悔いが残ります…orz


スポンサーサイト
日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。