Limitless☆BLUE

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

おっさんも頂を目指す 二合目

久々の登山でテンションが上がってしまったみたい・・・。

2週連続で山登りしてきました。

行き先は大山。

そして春休み中ということでパートナーは息子でした。


『大山登山』か『江の島トレジャー』か、悩みに悩んだ末に晴れという天気予報が決め手となり『大山登山』に決定!

やはり富士山見たいもんね。


246を走るとすぐに丹沢の山々が見えてくる。
天候は晴れ。
稜線のあたりだけ雲がかかっている。

時間の経過とともにあの雲も消えて快晴になるんだろうな・・・と思ってました。


駐車場に車を止めて、いざ出発!!

平日の早い時間、ケーブルカーもまだまだ動かない時間ですから登山者も数人しかいません。

ひんやりとした空気の中、ペースを抑えつつ歩いていきます。

途中、階段にクイズがあったり、地元の小学生が考えた標語が書かれていたりと楽しみながら歩けるのがいいですね。

しばらく行くと二手に分かれます。

左はらくらく女坂、右はきつ~い男坂です。
IMG_2582_convert_20130420022006.jpg
IMG_2581_convert_20130420022036.jpg

父としては迷わず男坂をチョイスすべきでしょうが、無理にハードルを上げ、父親としての威厳を見せつける余裕はありません。

男坂に行きたがる息子を説得して左側へ進みました。

根性無しの息子のことだからすぐに、
『喉乾いたー』『お腹すいたー』『もう無理~』
なんて言うんだろうと思っていましたが、意外や意外、ニコニコしながら登っていきます。

さらに『パパ、山っていいね』だって。

もうすでに洗脳が完了してるのか?
それともそんな必要もなかったのか?


歩くのに夢中で気にしていなかったが、なかなか青空が見えてこない。
晴れてるんだけど何だか薄雲が広がってる感じ。

『どど~ん』と音が聞こえてくるような富士山を見せてあげたいなぁと思っていたが、上から『ポツリ』と何かが落ちてきた。

雨ではない。

あられ?

きっと木の葉に付着して凍った水分が、朝になって気温が上昇し融けて落ちてきたのだろう・・・あぁ、自然って素晴らしい・・・なーんて感動していたら、明らかに違うものが落ちてきた。

雪!?

まじっすか?

はい、マジです。

気がつくと周囲には白く積もった雪もチラホラ。
IMG_2602_convert_20130420024744.jpg
IMG_2605_convert_20130420024811.jpg

わずかな雪を手ですくって親子対決雪合戦が始まったのは言うまでも無いでしょう。


そんなこんなしてるうちに山頂到着~!!

着いてみると意外と短く感じますね。


山頂の標識はどこかな?とキョロキョロしてたら広場に鹿のオブジェ?を発見。

何でこんなところに? でもよくできてるなーと近づいてみると、

動いた!?

うわっ!本物だー!


結構びびりました///(汗)
IMG_2607_convert_20130420022122.jpg


さてブランチです。

お湯を沸かしてカップヌードル(定番中の定番ですよね)も捨てがたかったのですが、どうせ息子はスープを残すだろうから後処理を考えてパスしました。

そして今回はこれです。
IMG_2609_convert_20130420022201.jpg

お湯を入れて待つだけであ~ら不思議というやつですね。

せっかくだから普段は食べないものを経験させたかったんですよね。

狙い通り息子は興味津津です。


お味はまずまずでしょうか。

でもドライフーズの軽さ&手軽さは魅力です!



メシ食いながらお隣のおじさんと話したのですが、

『みんなあまり行かないんだけど、ちょっと裏に行くと丹沢の山が一望できるとこがあるんだよ』という情報をいただきました。

おじさん曰く、5分ぐらいとのことだったので行ってみました。

2分くらいでつきました。



それはそれは見事に中腹から上がガス、ガス、ガス。

晴れてたらすんごく気持ち良さそうです。

次回のお楽しみに取っておきましょう。
IMG_2615_convert_20130420022337.jpg


ちなみに反対側(湘南方面?)はこんな感じでした。
IMG_2613_convert_20130420022311.jpg



帰りは慣れない下りに苦労して尻もちをついたりしてた息子ですが、泣き言は言わずに歩きとおしました(パチパチ!!)

そしてこんなことまでのたまっておりました。

『山の本当の楽しさがわかっちゃったよ』

『階段とか鎖とかあって大変だけど、山頂にいくと絶景 ってこと』


わかっちゃいましたか・・・さすが山に関する名前をつけられただけのことはあります。

このまま山を嫌いにならずに成長してほしいなぁとしみじみするとーちゃんでありました。



☆息子との山歩きはとても楽しかったです。いろんな話ができたというのが一番良かったことかな。共通の目標(山頂)に向けて頑張るって友人や仲間とはあっても親子間ではあまり無いような気がします。急なところは励ましあい、楽なところはあれこれ話して。彼が大きくなってからもこんなことができたら嬉しいなと・・・。そして次回こそは富士山が見れますように♪






スポンサーサイト
| コメント:2 | トラックバック:0 |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。