Limitless☆BLUE

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

おっさんも頂を目指す 六合目 その2

草戸山の標高は365メートル。

町田と八王子と相模原の3市にまたがる山です。

今回僕らが向かったのは町田市の大地沢青少年センターからのルートで、1時間ほどのコースタイムとなっています。

ま、お手軽でいいよね なーんて思っていたのですが・・・。
IMG_0040_convert_20140214230028.jpg


なんだか窓の外の景色がだんだん白が増えてきてる。

あれ?もしかして?と思いつつ青少年センターに到着したら 真っ白!!

ちょうどスコップを持って前から歩いてきたスタッフさんがいたので声をかけてみました。

『あのー、草戸山に行こうと思って来たんですけど行けますかねぇ?』

『炊事場までは雪かきしてあるんだけどその先はこれくらいあるよ。』(と言って膝のあたりを指さす)
『ちょっと厳しいんじゃないかなぁ。』という返事が返ってきました。

『そうですか。じゃぁ行けるとこまで行ってダメなら諦めますね。』
そう言って僕らは草戸山へ歩き始めました。

(まぁこの雪じゃ無理だな。残念だけど仕方ないか・・・)

ところが除雪されていないとこまで行ってみたらそこから先にトレースがあります。

(あれ?行けちゃうじゃん?!)

『よし、行くぞー!』と言ったら息子さんはルンルンで先を歩いて行きました。

境川源流域への道と分かれて山道に入ると傾斜が増してきます。
IMG_0047_convert_20140214230531.jpg

しばらく歩いたら息子がへこたれてきました。

『パパ、どうする?』

うーん、このへんでやめとくかなぁと考えていたら上から下りてくる人たちが。息子と同じくらいのお子さんがいる家族連れでした。

『こんにちはー、この先どうですか?上まで行けます?』

『全然大丈夫ですよ。あと10分くらいかな。子供たちは何度か転んだけどね(笑)』とのこと。

それを聞いて安心したのか、負けられないと思ったのか、再び気合を入れて歩き始めました。


やがて空が開けてきて、ロープをつかみながら一気に上るとバーンと目の前に景色が広がりました。
草戸峠に到着です!

なかなか気持ちいい場所でベンチもあり休憩に最適です。別ルートから来たお兄さんたちもひと休みしていました。

さてここから10分がんばれば頂上が待っています。

峠に出たので軽いアップダウンを繰り返して進みます。最後によっこらしょっと坂を登ると草戸山山頂に到着です!!


展望台に上ると目の前に城山湖。365メートルという標高以上に気持ち良い山頂です。何組かのグループが楽しそうにワイワイと話していました。やはり山頂っていいですよね。
IMG_0050_convert_20140214230812.jpg


今回も息子さんのリクエストで昼食はコチラ。
IMG_0055_convert_20140214231005.jpg


疲れた体にあったかいカップヌードルはたまりませんね。

テンションの上がった息子さんは、
『カップヌードル最高ー!!』
『山田先生、草戸山登ったよー!!』
と展望台で叫んでおりました。


さぁ、下山しましょう。

歩き始めると先程までと比べて明らかにトレースが少なくなっています。

これはとても気持ちいいです。

トレースと標識をたよりに下っていきます。

木々の間を通るところでは地面が出ているところもありますが、場所によっては40~50センチくらいの積雪があります。

両手を広げて倒れてみたり、きゃーきゃー言いながら走ってみたり、まるで『おおかみこどもの雨と雪』みたいに大喜びで楽しみました。

僕も息子くんも何度もずるっと転んでコケてそのたびに『わはは!』と笑いながら歩いていたら青少年センターが見えてきました。

予想外に楽しかった町田市最高峰初登頂も無事に下山となりました。
IMG_0038_convert_20140214233051.jpg


45年ぶりという大雪のおかげで息子くんには初の、僕にとっても約10年ぶりの雪山登山となりました。
町田市内でこんな楽しむことができるなんてびっくりです。
次回は雪に埋もれていた境川源流域を見に行ってみたいと思います。


(おわり でも番外編につづく)
スポンサーサイト
| コメント:4 | トラックバック:0 |
| ホーム |次のページ>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。