Limitless☆BLUE

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

おっさんも頂を目指す 六合目 番外編

さて今回の町田市最高峰登山ですが、実はもうひとつミッションがありました。

それは

路線バス 乗り継ぎの旅!!

そうです。先日もブログで書きましたが、巷で人気のテレビ東京の番組の企画を自分たちでやってみようというものです。

1時間のコースタイムで最西端とはいえ町田市内ですからあっという間に帰宅しちゃいます。どうせなら何かプラスアルファをしたいなと思いついたのが路線バスで行くということだったのです。

図書館でバス停の表記がある地図を借りて、最寄りのバス停で時刻表をチェックして準備は完了です。
ちなみにバス停を見に行ったのは8日。雪の中わざわざ2人で行ってるわけで、いかに路線バスの旅を楽しみにしてたかわかるでしょう(笑)


そして当日、08時01分のバスで出発です。

いやぁ新鮮です。見慣れた景色も違って見えますね。
息子くんは早くも地図を出してルートを考えてます(早いって!!)

A駅到着。まずはバスの路線図をチェック。←鉄則ですよね!
数分後にB駅行きがあったので急いで乗り場へ。そして乗車。

B駅到着。目的地方面となるC駅に行く路線があったが30分以上待たないといけません。
そこで朝食を取ることにしました。なかなかいいタイミングです。

食事を済ませバスに乗車しC駅へ。
車中ではどちらがリーダーの太川さん役をするかで言い争いです。
ま、蛭子さん呼ばわりされたくないってことなんですけどね(笑)

C駅到着しました。ここで買い出しをしようと思っていたのですが、次の目的地へ行くバスが3分後に出発するのです。
ええ~い、行ってしまえ~!と飛び乗りました。

息子くんはテレビ番組と同じように運転手さんに情報を聞きたいようで、
『このバスは相原に行くか聞いてくるね。』と言って運転手さんの所へ。
『相原通るって』と誇らしげに僕に言いながら席に座りました。
僕以上にこの路線バスの旅をたのしんでいますね♪

そして相原で下車。まず時刻表を見ると・・・じぇじぇじぇ!40分後!?
これぞ乗り継ぎの旅の洗礼ですね。

仕方なくいなげやで買い出しをしましたがまだ時間があります。
寒い中待つのもつらいので行けるとこまで歩くことにしました。

2つ目のバス停でバスが来ました。この辺まで来ると明らかにウチの近所とは残っている雪の量が違っています。

車中で地図を見ていたら突然バスが右折!?
え!?な、なんで?乗るバス間違えた?

パニックです。

下車して町田街道までまた歩かなきゃいけない?!
登山前に無駄に歩きたくないなぁ。
バス少ないし・・・。

と、テンパっていたらバスは法政大学でぐるりと回って再び町田街道へ戻りました。

これも路線バスの旅の洗礼なのでしょうか(笑)

法政だけに、息子に『ホウセイ マイフレンド』と言って軽く笑いを取ってみました。

11時24分 自宅を出て3時間半で登山口がある青少年センター入口に到着です。


帰路はC駅行きがありました。
雪山登山を楽しんだ身体にバスの揺れは心地よいですね。

C駅からは『ザ・チャレンジ!』だから違うルートで帰ろうということになり、いくつかあるルートの中からD駅行きをチョイス。結構お客さんが並んでいましたが何とか座ることができました。
ほとんど各駅停車でバス停ごとに止まって、徐々に乗客が減っていきました。
D駅に着いた時は僕らしかいませんでした。

急いで案内表示を探すと・・・なんとA駅に行く路線がありましたっwww
ここは思わず息子とハイタッチ!!
いやぁ嬉しいものです!!


そんなこんなで無事に帰宅しました。
結局バス9本、乗車時間は230分、料金2120円でした。
(ちなみに1日乗車券を買ったので実際には1000円)

ハラハラ、ドキドキ、ワクワクして楽しかったです。

いつもの道が違って見えたり、
えー、こんなとこ通るの?と思ったり、
こんなとこにこんなものがあったんだ!と発見があったり、

想像以上に路線バス乗り継ぎの旅は楽しかったですよ。

帰宅後風呂で息子くんに言われました。

『路線バスの旅、次はどこに行く?』



スポンサーサイト
| コメント:4 | トラックバック:0 |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。