Limitless☆BLUE

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

おっさんも頂を目指す 八合目

今年の夏、遂にデビューしてしまいました。
IMGP4385_convert_20140819230234.jpg


です!!

1年前くらいから何だか気になっていたのですが、先日のアド街ック天国で取り上げられたのを見たらもう行きたくて行きたくて・・・(笑)

週間予報ではこの後イマイチな天候が続くようでしたが、13日の午前中だけは晴れるようだったので思い切って行くことにしました。
(ちなみにあれこれ考えてたのは12日・・・いつもながらの思いつきでの行動となりました)

午前3時過ぎに出発。圏央道から関越道の沼田ICを目指します。

それにしても結構遠いです。昨年、一昨年とラフティングのために行った花園ICを通過する頃でもナビによるとあと100キロほど走らなければなりません。

前日にしっかり睡眠をとっておけばよかったなぁ、と反省しながら走っているとそれまで曇っていた空が見る見るうちに晴れてきました。

そして雲ひとつないド快晴!!

天気予報大当たりじゃん!!とテンションアゲアゲでいたら、いきなり猛烈な霧に突入・・・。

一体どうなってんの?!と思っていたら沼田ICに到着しました。

とりあえず買い出しってことでコンビニへ。
気温16度。ちょっとひんやりするくらいです。

相変わらず霧?もや?がすごくて、東の空に見える太陽はプラネタリウムで見る満月かと思うくらいに減光されていました。

車に乗り込む前に息子の顔を見たら何やら線のようなものが・・・。

非常に微かなんですが、霧が風に流されて筋状に横に飛んでいるのです。
とっても細か~いミストみたいな感じ。
でも体感的には何も感じない・・・そんな繊細なものでした。

日本ロマンチック街道、奥利根湯けむりラインを走り、やがて車は駐車場がある戸倉に到着。

そこで乗り合いタクシーに乗り換えて登山口の鳩待峠にたどり着いたのでした。

登山道の入り口には種子落としがあって、ここで靴裏をゴシゴシしながら進みます。靴に付着した外来種や尾瀬にない植物によって尾瀬の植生が壊されないようにするための策なのです。

そして歩き始めると・・・まず下ります。とても違和感があります(笑)

どんどん下ります。やがて木道が出てきて尾瀬っぽさを感じながら進みます。
IMGP4391_convert_20140819230606.jpg
IMGP4396_convert_20140819231045.jpg

木道は山道の階段と違い段差が無いので歩くのが楽ですね。

やがて沢が出てきました。クマが出るのはこのあたりらしいです。
ちょっとドキドキしながら早歩きしちゃいました。
IMGP4390_convert_20140819231245.jpg

そして尾瀬ヶ原の入り口、山の鼻に到着~!!

まずトイレへ(笑)
IMGP4398_convert_20140819231507.jpg

ここはチップ制になっています。自然保護のためには必要なことですね。それにしてもチップ制・有料トイレってずいぶん久しぶりのような気がします。
息子がお金を払うことを不思議がっていたのでしっかり説明してあげました。子供目線ではトイレでお金を払うことが理解できなかったみたい。日常から離れたからこそできた体験ですね。

休憩してからいよいよ尾瀬ヶ原へ。
IMGP4400_convert_20140819231732.jpg

ちょっと歩くとすぐにあの景色がバーンと目の前に飛び込んできました!!
IMGP4409_convert_20140819232216.jpg

広々とした湿原

どこまでも続く木道

どっしりとした燧ケ岳

そして青い空

僕のイメージしていた、まさに『THE 尾瀬』がそこにはありました。

息子くんも『気持ちいいね!』とニコニコ顔です。

湿原に吹く風はさわやかでどこまでも歩いて行きたくなります。

ヨッピ橋の手前で右折し竜宮で昼食?にしました。

毎度おなじみカップヌードル&シーフードヌードル。

息子くんの中では山で食べるものと言えばコレが定着したみたい。

疲れた体にあったかい食べ物は嬉しいですよね。

さぁ休憩の後は帰路につきます。

ここからすれ違う人の数が段違いに増えました。
すれ違う時に山では挨拶をするのがマナーなんですが、ちょっとここでは抵抗がありました。
だって山というより観光地なような気がして・・・。

でも向こうから先に元気に挨拶してくる方が結構多くて、僕らも気持ちいい挨拶をするように心掛けました。

前から歩いてくる男の子3人組。挨拶しようと思っていたら歌声が聞こえてきました。

♬ 空は青く澄み渡り 海を目指して歩く 怖いものなんて無い(RPG/セカイノオワリ)

ちょうどサビのところで挨拶するタイミングだったので、

♬ 僕らはもう一人じゃない

とすれ違いざまに突然一緒に歌ってあげました。

いきなりの出来事に彼らはびっくりした後大笑いしてました。こっちも楽しかったなぁ!


途中途中で振り返ると、次第に燧ケ岳が小さくなっていくんですよね。

あぁもうすぐ終わりだ・・・と寂しくなったりもしました。

やがて山の鼻到着。

アド街ック天国で取り上げられていた花豆トッピングのアイスをいただきました。塩味が効いていて疲れた体をじんわり元気にしてくれます。
IMGP4455_convert_20140819232728.jpg

尾瀬を名残惜しむようにたっぷり休憩したあと鳩待峠へ。
今日初めての登り。標高差約200メートルです。

最後に登って終わるというのはしんどいですね。
お疲れ気味の息子くんは集中が途切れたようで木道からズルッと転んでいました。

最後はバテバテでゴール!

帰りにまゆ太さんおすすめの『ささの湯』さんに寄っての~んびり。

平日の昼間ということもあって貸し切り状態で露天風呂を満喫しました。とても気持ち良かったですwww


帰路は仮眠をとりつつ、渋滞にはまりつつ、何とか無事に帰ってきました。

とってもとっても疲れたけど初めての尾瀬は気持ち良かった。
お疲れ気味だった息子くんが17キロを歩き切ったのにもちょっと感動。

次回はテント泊して木道に寝転がって満天の星を見てみたいなぁと思いました。
IMGP4406_convert_20140820230224.jpg
IMGP4408_convert_20140820230313.jpg
IMGP4412_convert_20140820230348.jpg
IMGP4415_convert_20140820230416.jpg
IMGP4416_convert_20140820230448.jpg
IMGP4418_convert_20140820230530.jpg
IMGP4424_convert_20140820230601.jpg
IMGP4430_convert_20140820230628.jpg
IMGP4433_convert_20140820230700.jpg
IMGP4450_convert_20140820230740.jpg



スポンサーサイト
| コメント:4 | トラックバック:0 |
| ホーム |次のページ>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。