Limitless☆BLUE

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

残念

昨日の試合後の動画を見ました。

何でこんなゴール裏になっちゃったんだろう・・・。

悲しくなってきました。

すぐ横でこの様子を見ていた子供たちはどう思ったんだろう。

監督の采配がどうとか、選手の気持ちが見えないとか、

確かにそうかもしれない。

去年の二の舞はごめんだ、早く決断を、

言いたい気持ちもわかる。


でもさ、俺たちが応援してきたFC町田ゼルビアってチームはそういうものだったのかい?

負けてもブーイングしない、次は頼むぞ!、って声をかける。

観客席に子供が多く、家族連れで応援できる。

子供たちから『コーチ、がんばれー!』と掛け声が上がる。

少年サッカーの街、ふれあいサッカー、パスサッカー、

自慢できることはたくさんあったはず。


試合内容がふがいないからブーイングする?

ブーイングしなくてもJ2行けたじゃん!

なんで今年からブーイングするのさ?

もー書いてて涙が出てきたよ!!

こんなんじゃぬるいのか?だめなのか?

いいじゃないか!

サポーターなら、物事のわかる大人なら、罵声のひとつを言いたくなってもグッとこらえて別の言い方できるでしょ。



ここはJFLだぜ。

なんで暖かく選手をサポートできないんだよ。

フロント、監督、選手の批判ばかり・・・。

JFLのチームでJ1気取りかよ。



もう一度、FC町田ゼルビアがどんなチームだったか思いだそうよ。

竹中ユース監督や酒井隊長のブログを昔から読みなおそうよ。


選手や監督の批判をする前にサポーターにもやるべきことはあるのではないでしょうか?

選手の大半が入れ替わり、指揮官も変わり、そのなかで3位にいるんですから。


みんなが笑顔になれるあの瞬間を、みんなの力で再び作っていきましょう!!



以上、こんなことは書きたくないんですけど、書かないと自分の中で今回のことが消化できないので書かせていただきました。
もし読んで気分を悪くされた方がいたらごめんなさい。悪気はないですから。


スポンサーサイト

ゼルビア | コメント:8 | トラックバック:0 |
<<凱旋 AC長野パルセイロ #4 川邊裕紀 | ホーム | おっさんも頂を目指す 四合目・番外編>>

コメント

同意です。

メインスタンド観戦でしたが、そこからも試合中野次が飛んでいました。うちの子供がびっくりしていました。他人にあたるのはやめて欲しい。監督ふくめ選手は人生掛けてやっています。

それをサポートするのがサポーターです。正直入場料払っているから文句言わせろの考え方はうんざりです。

無論、日曜日の気分は最低でしたよ。。監督にも言いたいことはある。。でもそれを伝えたいのならそれなりの方法があると思う。あそこで文句を言っていた人が日をあらためてゼルビア本社に訪れるとは思えない。

今年のテーマーは”共闘”ですよ。他人に当たってどうするの?フロントもサポーターも選手も監督も今こそ自分自身と戦う時だと思う。

せめてもの救いなのはユーチューブに、その行為を諌める声が入っていたことですかね”応援するんじゃないのかっ!”て。。。

つれづれと乱文失礼しました。自分は応援していきます。どこまでも!
2013-06-25 Tue 09:25 | URL | katsu [ 編集 ]
コメントありがとうございます。

クラブが成長していく上で必要なことなのかもしれませんが、そういうものが無くても成長していけるのが『俺たちの町田』だと思います。

クラブにしてもサポーターグループにしても情報が少ないから、いろんなところでいろんな人が言いたいことをいうようになってしまったのではないでしょうか。

ここまで混乱してたら相手が何を考えているのかわからないのに『共闘』と言っても難しいですよね。
もっと想いを伝えてほしいです。

> 今年のテーマーは”共闘”ですよ。他人に当たってどうするの?フロントもサポーターも選手も監督も今こそ自分自身と戦う時だと思う。

ほんとそう思います。
各自が自分自身と闘って、そのうえでしっかりと『共闘』していきたいですね。
2013-06-25 Tue 10:12 | URL | つきつきむそん [ 編集 ]
ちょっと・・・ビックリしています
かなりの劇薬。。。 たぶん
このタイミングで手を打たないと「達成」が出来ないと
踏んだのでしょう。
3年前の山雅もそうでした
そして ここからが「総合力」を問われることに
なると思います 正直きついと思いますが
今こそ一つになって 目指して欲しいです
『共闘』・・・応援しています
2013-06-25 Tue 10:53 | URL | アルポン [ 編集 ]
信州のおいちゃん、こんばんは。

先日の試合でいろいろあり、すごいモヤモヤしてたのでブログに書いたら結構スッキリしたんですけど・・・。
まさかこんな展開とはびっくりしました。

確かにあのときの山雅もそうでしたね。

ってことはこれからゼルビア劇場が始まるのかな!?

試練にはいい加減免疫がつきました(笑)

本当の意味での『共闘』ができれば結果はついてきます。

来年は同窓会やるから待っててね!
2013-06-25 Tue 21:55 | URL | つきつきむそん [ 編集 ]
ワタシもこの試合野津田で見てました。たしかに上位対決の割には伝わってくるものがない試合ではありました。しかしゼルビアは昨年主力のほとんどが退団しました。ワタシは昨年で一つのサイクルが終わったと思っています。今年はメンバーも若返り新しいサイクルが始まった年です。

若いチームだから安定感を望むのは酷だし、多少の取りこぼしもすると思います。長野戦も先制されてチームは浮き足立ち瓦解してしまった若いチームにはよくありがちなケースです。そんな中若手を育てながら3位で折り返したというのはワタシ的には上々だと思ったんですけどね・・・。フロントやゴール裏の方は一年でのJ復帰を求めているのかもしれないけど、正直今の戦力ではキツイですよ。若手が日々の練習で個々のスキルを伸ばし、結果J復帰となれば最高の結果でしょうがそんなに甘くはないでしょう。今年は地盤を固め勝負は来年と思っていただけに、秋田監督でJに復帰するというプロジェクトがこんなに早く終焉を迎えてしまって残念でなりません。

強いて責任を追及するのであれば昨年今年と補強に大失敗した強化部でしょうか。昨年は開幕前の補強でヒットしたのは平本だけ。今年も即戦力として入団し額面通りの活躍をしているのは深津くらいですね。アンデルソン、木島、向、吉弘・・・正直ここまでは期待ハズレです。

ちょっと文が長くなってしまい申し訳ないです。
2013-06-26 Wed 02:01 | URL | ぷぷ [ 編集 ]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2013-06-26 Wed 03:43 | | [ 編集 ]
コメントありがとうございます。

冷静に考えると複雑です。
ププさんのおっしゃるように今年のメンバーでJ2昇格ってハードル高いですよね。
でもクラブとしては競技場のことやスポンサーのこともあるから戦力がどうあれJ2を目指すしかなかったのではないでしょうか?
サポも今年は厳しいなと思っていたものの、気がつきゃ昇格圏内まで順位を上げてしまったので期待しすぎてしまったのかもしれません。
『試合を見てると今の順位にいるのが不思議』そんな声もよく耳にしました。
選手の実力なのか監督の実力なのかわかりませんが、先日の大敗は現在の力関係がそのまま出た結果だと思います。
楠瀬さんには代行ではなく監督として指揮を取ってほしいです。育てながら勝つこともできる気がします。
なーんて過度な期待をしちゃうからいけないのでしょうかね。
ちょっと混乱してるのでまとまりませんが、以前のいい雰囲気を取り戻していきたいです。
みんなでがんばりましょう!
2013-06-26 Wed 23:29 | URL | つきつきむそん [ 編集 ]
じっくり読ませていただきました。
おっしゃることはよくわかります。
そしてその通りだと思います。
選手や監督、クラブが間違った方向へ行きそうな時はサポーターが声を上げる必要があると思います。
その方法と程度の問題でしょう。
ただ町田というチームが持つオリジナリティは残してほしいなと思うわけです。
今回の一件に関しても何かが変わってきてるから起こったのではないでしょうか。
その変化がいいのか悪いのかはわかりません。
ただ変化に戸惑っているサポさんたちがいるのも事実です。
J2昇格とチームの基盤づくり、考え方もひとそれぞれです。
今こそサポーターの気持ちをひとつにする必要があるのではないでしょうか。

いろいろ考えさせられました。
あらためてコメントありがとうございました。
2013-06-27 Thu 00:11 | URL | つきつきむそん [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。