Limitless☆BLUE

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

市役所へ

町田市・特定非営利活動法人k-pressさんによる『FC町田ゼルビア写真展』に行って参りました。

昨シーズンのホームゲームを中心に今年のキャンプの写真もありました。

とても良く撮れてますね。

選手たちの気持ちの入った表情がたくさんありました。


こんな一生懸命な顔してるんだ・・・。

やっぱりしっかり応援したいなっ!


そんなことを思いました。

ちなみに一番印象に残ったのはヤナギと岸田選手の笑顔www

今年は選手たちの笑顔がたくさん見れるといいですね。



素敵な写真展です。

平日に動ける人はぜひ行った方がいいですよ~!


☆写真プレゼントなんてあるととっても嬉しいんですけどね☆
ゼルビア | コメント:2 | トラックバック:0 |

攻め上がれ 長野!!

あらためて天皇杯のことを書きたいと思います。


横浜F・マリノス VS AC長野パルセイロ

J1首位(当時)とJFL優勝チームの戦い。

ゼルビアがコテンパンにやられたパルセイロがどれだけマリノスに通用するのか。

パルセイロの#4 川邊選手を熱く応援したい。

というわけで定時で仕事を切り上げて日産スタジアムへと向かったのでした。


長野ゴール裏で家内と息子と合流。

すでにタオマフを購入し気合が入ってました。


この日は野津田でお見かけするゼルサポさんたちもチラホラ。

やはりパルセイロの応援に来られたようでした。


さて、どの辺に座るか?

本当は思いっきりゴール裏に行きたかったのですが、息子が嫌がると思ったので1ブロック横のエリアに陣取りました。

空席もあり、立って応援してるコアな人が若干いるといったエリアです。

川邊選手は見事スタメンwww

試合開始までまだ時間があったのでしっかり食べて戦いに備えました。


そして試合開始。

案の定、マリノスがボールを支配し攻め込みます。

やはり力の差はいかんともしがたいか・・・と思いました。

しかし、パルセイロも堅い守備からチャンスを作りゴールに迫ります。

やるじゃん、パルセイロ!!

もしかしたら勝てるかも・・・なーんて事を考えていたらやられてしまいました。

0 - 1 マリノス先制

盛り上がるマリノスサポ。大音量でチャントが聞こえてきます。

しかしパルセイロゴール裏も負けていません。

今まで以上の声量で選手たちを後押しします。このへんは気持ち良かったです。


マリノスが支配しながらも決め切れず、パルセイロが逆襲するという展開。

そして#10 宇野沢選手のFKが決まり同点!!!


このときの興奮といったら無かったです。

パルセイロサポさんたち弾けまくってました。

僕も見知らぬお兄さんたちと抱擁です。こういうのもサッカーの魅力ですよね。

肩を組んで歓喜のラインダンス?!

ゼルサポにとっての天皇杯ヴェルディ戦での山腰ゴールと同じように、パルセイロサポさんたちにとって語り継がれる瞬間なんだろうなーと感じました。

勝てる!多くのサポーターがそう思ったのではないでしょうか。


そして試合は延長戦へと進んでいきました。


このへんから僕の周りに変化が現れます。

座って観戦してる人が多かったんですが、気がつくと立ちあがって声を張り上げているのです。

選手たちの熱い戦いに引き込まれて応援せずにはいられなくなったのでしょう。

ゴール裏の一体感、盛り上がりは素晴らしいものでした。


この後、マリノスが得点し1点ビハインドで終盤を迎えました。

しかしパルセイロはこの局面でも自分たちの築き上げてきたサッカーを貫きます。

縦ポンではなくボールをつないでいくのです。

それだけ自分たちのサッカーに自信があるということなのでしょう。


そして何度となく訪れた決定的チャンス!

わずかに外れ、GKのファインセーブに止められ、得点できず。

そのたびにエビ反り、頭を抱え込み、大声を上げ悔しがり・・・。


試合終了

1 - 2

結果は残念だったが、とてもいい試合を見せてもらった。

と同時にパルセイロゴール裏でこの試合に参加できて幸運だったと思う。

そして、また来年もこんな強いチームと戦わなきゃいけないのか、ココに勝たないとJ2に昇格できないのか、と。

でも強い相手と戦う方が燃えるからね。ニヤリ


パルセイロのゴール裏は楽しかったです。
チャントも歌いやすかったかな。

チャンスになると GO GO ゴッゴール長野(合ってますか?) と歌いながらタオルマフラーを振り回すのですが、対戦する側から見ると『けっ!ゴールも決まってないのに振り回しやがって』と思うんですが、実際やってみるととても楽しかったりします。

天皇杯の後しばらく様々なチャントが頭の中でヘビーローテでかかっていましたよ。


最後にひとつ。

試合終了のホイッスルが鳴った後のこと。

息子がボーっと立ち尽くしていました。

どうした?と聞くと、

『こんなに応援したのに勝てないなんて・・・呆然としちゃった』んだそうです。

普段は食べてばかりであまり応援しない息子ですが、この日は恐らく今まで観戦したなかで一番声を出して応援していたのです。

そんな小学生までも夢中にさせた熱い熱い試合。

素晴らしい試合をどうもありがとうございました!!

IMG_2830_convert_20131209230353.jpg

☆東郷さん どうもありがとうございました!!☆
ゼルビア | コメント:4 | トラックバック:0 |

町田イズム

先日のチラシ配りでのこと。

最後に集合写真を取るので移動してる時のこと。

知り合いのサポさんから声を掛けられた。

『息子さん、お名前なんていうんですか?』と。

『大五郎です(仮名)』と答えました。

するとそのサポさんは息子の所へ行き、目線を合わせるためしゃがみこんでこう言った。

『大五郎くん(仮名)、ちゃんと「よろしくお願いします」って言いながらチラシ配ってたね。偉いぞー!』

そう言いながら息子の頭をナデナデしてくれました。


ゼルビアを応援するようになってまず感じたことは、選手が子供たちと接する時にちゃんとしゃがんだり、かがんだりして子供目線で話してくれてるということ。

ふれあいサッカーなど町田の子供たちを大切にしてくれるFC町田ゼルビアの理念が選手一人一人に行き渡ってるんだなと感心したものです。


で、話を戻しますが、サポーターさんにもそういうのが伝わってるのかなーと勝手に思ったりしたわけですよ。

だってそのサポさんはCURVA MACHIDAの代表 大城尊さんだったわけで。


タケルさん、どうもありがとうございます。
あの日、息子はルンルンで帰りました。

これからもどうぞよろしくお願いしますね。

ゼルビア | コメント:2 | トラックバック:0 |

BACK TO THE BASIC

町田ゼルビアを支える会のチラシ配布活動に参加してきました。

すいません、チョー久しぶりでした。

最終戦は味スタ西開催で配布活動やるかどうかわからないので、思い切って上司にお願いして早めに仕事を切り上げたのでした。


残念な結果となった今シーズン、自分自身も迷走してました。

開幕前からすっきりしないまま結局今日まで来てしまいました。


だからこそチラシ配りがしたくなったのかもしれません。

19時から約1時間。

声をあげて道行く人にチラシを差し出す。

このシンプルな動作の繰り返しなんですが、受け取ってくれると嬉しくて

『ありがとうございます!』と笑顔になれる。


選手、スタッフ、そしてたくさんのサポさんが参加されていました。

何だか嬉しくなってきた。


そう、この街にはFC町田ゼルビアがあるんだ!

胸を張って言える一番大切なこと。


これからも僕らはFC町田ゼルビアを応援し続けるだろう。

地元に愛するチームがあることに感謝しながら。
ゼルビア | コメント:4 | トラックバック:0 |

終戦

3試合を残して3位以下が決定しました。

残念です。

が、仕方ありません。

今季を悔いなく、そして来季に向けて。

持てる力を出し切りましょう!


(あぁ、それにしても毎年いろんなことがあるなぁ・・・)
ゼルビア | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<前のページ| ホーム |次のページ>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。